スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

意外と手堅い一発屋芸人

JUGEMテーマ:ふと、考えました。

一発屋芸人は、かつては一気に散在してしまう人が多かったみたいですが、今はかなり堅実なようで。

普通に猿岩石でブレイクしていた有吉とかでも、その後のことを考えて儲かった分は残しておいたそうですからね。その辺はとても重要だと思っている。

一発屋でも当たれば、普通にサラリーマンが一勝をかけて稼ぐぐくらいのお金を一気に稼げるわけで、そうなるとその後は普通に仕事してもやっていけるような。

 

一発屋でも度合いは違うらしい
一発屋としてテレビに復活している人でも、フィーバーしていた時代の度合いって違うらしい。

だから、当時のギャラとかを聞いても最高月収で結構な違いがあるからね。その辺は話を聞いていても面白いので、非常に参考になるわけなのですが。

やはり、きちんとした一発屋芸人の人であっても、どれくらい売れていたかっていのは意外と違うのかもしれません。そんなことを考えつつ、テレビを見ていたりするけれども。

人間が昆虫を恐れるという不思議

JUGEMテーマ:ふと、考えました。

人間には昆虫が嫌いな人がたまにいるけれど、冷静に考えたらスゴイ話よね。

というのも、一般的な昆虫は人間よりずっと小さいわけで、しかも、毒とかを持っていない人間にとっては無力な昆虫のほうがずっと多いわけなのです。

昆虫の側からしたら、半狂乱になって攻撃してくる巨人みたいな感じなので。まさにそういった巨人に見つかったら終了っていう感じなんだろうなと。

 

生理的嫌悪感と実際のリスクと
昆虫が嫌いっていう人は、生理的な嫌悪感から嫌っているという子トンだろうなっていう。

逆に、スズメバチみたいなガチでリスキーな昆虫に対するのとは明らかに違った心理状態なのです。何気にスズメバチって増えているから厄介だけれどね。

ただ、日本だけで話がすむなら良いけれども、海外とかも含めると凶悪な昆虫も多いのだろうなと。特に、ジャングルとかの昆虫はやばそうなイメージがあるから。

フェイスブック離れのこれから

JUGEMテーマ:ふと、考えました。

フェイスブックは最近やっている人が結構減っているような印象を受けるのですけれども。

やっぱり、フェイスブックで更新したりするのがつかれたのかなとか。人によってはいつの間にか退会していたりするので、その辺りも興味深いですね。

もちろん今でもやっている人もいるわけなのですが、いろいろと大変だろうなと。横のつながりという点で考えると、仕方ない部分もあるかもなのですが。

 

フェイスブックは廃れたとしても
フェイスブックが廃れたとしても、似たようなサービスは股出てくるんじゃないかっていう。

どれも似たようなタイプのものがあるかもしれないのですが、ネット上でのつながり自体を否定するわけでは名愛ので、その辺りが面白いですよね。

個人的には、もっといろいろなサービスが増えて良いと思うので、その辺りで、何を使うかっていうのを個人が選択していく時代になれば良いんだろうなって思う。

1